企業理念

PROLOGUE(プロローグ)ロゴに込めた想い

〝誰もが長期的な資産形成が出来る長期投資のファンド″を創ろう。世代を超える30年目線で。

2008年秋、100年に一度の金融危機とも言われたリーマンショック直後にコモンズ投信は誕生しました。 時代の転換点、30個のドットで構成されたコモンズ投信のロゴには、親子が手を携え、こどもたちの時代をより良い社会にしていく持続可能な社会を創ろう。

そんな想いが詰まっています。

ロゴマーク

MISSION社会におけるコモンズのありかた

一人ひとりの未来を信じる力を合わせて、
次の時代をともに拓く

私たちは〝投資とは未来を信じる力″と考えています。 企業への投資、地域や人への投資、あるいは社会起業家などへの寄付も〝未来を信じる力” ただ未来には、ちょっぴり不安を感じることもあることでしょう。 一人ひとりの力も微力で小さいものです。だからこそ、一人ひとりの未来を信じる力を合わせて、一緒に育んでいくことで、 次の時代を切り拓いていけるはず。

私たちは、未来を信じる力を育む場や機会を提供していきたいと考えています。 お客さま、投資先の企業、寄付先となる社会起業家、障がい者スポーツ団体、パートナーである販売会社そして当社のメンバーが コモングラウンド(共有地)に集まり、次の時代を切り拓いていく。そんなパワースポットのような場となり、明日への希望につなげていくことが、コモンズ投信の存在意義と考えています。

CORE VALUE私たちが日々ワクワクするために大切にしていること

問いを続ける

私たちは、常に「問い」を続ける。問いこそが全ての出発点であり、成長・進化の源泉。コモングラウンドに集まってくる人々が、少しでも明日への希望を抱けるように、いつも、いつも問いを続ける。それは、これでいいというゴールをあえて設定しないからだ。過去の事例や答えもない、そこにあるのは本質への飽くなき追求だけ。

枠を超える

前に進んでも、安住すると枠が出来て、内向きになりがち。変化を恐れないところから、また歩みが始まる。まずは、自ら、一歩踏み出そう、そして一歩踏み出す勇気を大切にしよう。きっとそこには新たな気づきや出会いがあるはず。仲間を勇気づけて一緒に枠を超えていこう。

ライブ感を楽しむ

私たちは、デジタルな時代だからこそリアルなライブ感を重視する。ライブだからこそ、想いを伝える熱量が必要。社会的な「モノ」消費から「コト」消費への価値観のシフトも体験することからはじまり、共感でつながり共創が生まれる。圧倒的なライブ感をいつも大切にしたい。

優しさ、謙虚、そして笑顔

コモングラウンドに集まる人々が楽しく、ワクワクする場の空気をつくろう。まずは、他者への深い理解を心がけ、自分にも人にも優しく、常に謙虚な姿勢がコモングラウンドを豊かな大地にする。苦しい時ほど明るく振舞い、対話をするときも笑顔を大切に。笑顔は笑顔を呼ぶものだ。

未来を信じる

私たちが行きたい未来は、「今」はまだ形に見えていないかもしれない。それでも、未来思考で進む「今」の積み重ねが未来を切り拓いていく。その未来への道のりを、仲間と手を携えて一緒に創り、共に歩んでいきたい。その為にも、イマジネーションを活かそう。まずは、自らが未来を信じて行動する。

コモンズ投信の「お客さま本位の業務運営」の実現について