おはようございます。渋澤健です。

あと2週間ぐらいで今年の幕が閉じますが、色々とあった割にはあっという間に過ぎてしまっている感じがしますね。

今年の3月の自粛期間から早朝の散歩が(原則として)日課になっていますが、同じ公園で、同じルートを歩いても変化が感じられるます。いまは紅葉が、とてもきれいで、心が洗われる感じがします。

でも、ちょっと待って。12月中旬って、普通だったら雪景色になるべきでは...?

やはり、温暖化の影響なのでしょうか。

温暖化の問題について欧州勢はいち早く色々な取り組みを発足させている感じがしますが、日本は二酸化炭素ガス排出に依存する工業が多いせいか、なかなか国の政策や企業方針として「グリーン」の旗を揚げることが今までなかったです。アメリカもトランプ政権がアンチ・グリーンだったので、同盟国であり、重要な経済的パートナーである米国の情勢にも配慮もあったのかもしれません。

ただ、こちらのnoteの記事で書いたとおり、グリーンへの流れが大きく変わる兆しを感じています。

日本はグリーンで攻めるべき

そういう意味で、コモンズ投信も「グリーン」への意識を高めないと時代の流れに乗り遅れてしまいます。

伊井とは、コモンズは「尖がった」存在になり続けたいねという目線を創業者同士として共有してます。さて、これからコモンズがどのようにグリーンで尖がることを表現できるか。これから社内外における色んな話し合いを経て、方向性を早期に打ち出したいです。

コモンズのコーポレート・カラーは、グリーンですからね!

 

 

最新情報をチェックしよう!