おはようございます。渋澤健です。

土曜日に予定していた某私立小学校の児童向け講演会がオミクロン株の感染拡大により、オンライン開催になりました。ただ、140名(アクセス)を超える子どもと親御さんにご参加いただき、且つ、全員がビデオ・オンだったので大勢の可愛らしいお顔をアップで拝見できて、むしろ、オンラインの方がライブ感があったかもしれません。

また、対面ではありえない、リアルな参加型セミナーの展開もありました。

私の「Invest」は「In VEST」の定番話で使う「枠」のクイズ(枠の内側にある9個の団子の全てに、用意してある4本の串を全て使って刺してください)を画面共有したときでした。

一人の子がZOOMのツールのペンで勝手に線を書き始めたら、次々と子供たちが参加してきました。

さすが、デジタル世代!と感心したので、らくがきの書き込むを止めることなく眺めていました。

ただ、皆、枠の中でらくがきをしていたので、「名門私立校だし、やっぱり枠の中にきちんと留まっているんだな」を思いきや、一人の子(青い細い線)が、一気に枠を飛び出してきました。

すごい!と思って「そうそう、枠を飛び出すんだよ」と回答を出したら、また、それに便乗する子たちが現れました。

枠から完全に飛び出している子も出現しましたw。

ちょっと、集合アート作品にも見えてきましたw。

作品名は何が良いかな~?w。

後半の質疑応答に、「将来の夢が持てない場合、どのように夢を持てば良いのですか」という現実的な問いもありました。

我々、人間って、他の動物が持っていない特別な特徴・才能を持っているんだよ、と答えました。

これは、10年ぐらい前にある生物学者からお伺いしたことですが、それは、イマジネーション・想像力らしいです。

つまり、人間がいるところは「いま、ここ」。でも、頭の中では「どこでも」「いつでも」行けるという特徴ですね。

そういう意味で、夢にはイマジネーションが必要です。つまり、夢が持てないのではなく、失敗への恐れなど、心の中で「枠」をつくって留まってしまうから、夢なんて持っちゃダメなんだと思い込んでいるだけ。みんな、誰でも、夢は持てるんだという返答しました。心の枠から解き放たれれば。

そして、私への最後の質問。「渋澤さんは、若い頃に失敗は無かったんですか」と聞かれました。

「一回も、ありません。」とキッパリ。あはは。と、笑いでごまかしました。

でも、子供たちから完全に見通されていたでしょう。失敗だらけです~。今も、そうです~。でも、何とか、やってます~。笑

最新情報をチェックしよう!