おかねの教室|レッスン2「価格と価値」

さて、価値はひとりひとりの中にある、とお話しました。
「価値がある」というのは「役に立つ」とか「大切である」ということです。
自分にとってだけでなく、「(自分を含む)みんな」にとって価値があることとはどんなことでしょう?

皆さんはSDGs(エスディージーズ)という言葉を知っていますか?
SDGsは今のオトナ達が真剣に考えた「みんなにとって価値があること」です。
「いい未来とはどんなものか?」「消費や投資をするとき何にお金を使おうか」の基礎となる価値観です。いい未来は、誰にとって?何について?の組み合わせがものすごくたくさんあるように、みんなにとって価値があるものもたくさんあります。

SDGsのゴールに近づくにはひとりひとりの行動が大事です。
そして、お金も必要です。2030年にSDGsが掲げている17の目標を達成するためには毎年日本のGDPくらいの投資が必要と言われていますが、今の投資額はまだまだ足りていない状況です。
私たちひとりひとりが協力できることはなんでしょう?
それは、具体的にはいい消費いい投資です。いい消費といい投資がいい未来をつくるのです。

あなたが、「みんなにとって価値がある」と思うことは何ですか?
どんな未来にしたいですか?

ポイント
・SDGsは「みんなにとって価値があること」の集まり
・私たちひとりひとりができることは消費と投資
最新情報をチェックしよう!

おかねの教室の最新記事8件