おはようござます。渋澤健です。

あっ暑いですね~! 猛暑とコロナ禍のダブルパンチの夏ですが、くれぐれもご自愛ください。

さて、株式市場の温度も高いですね。経済社会の課題、政治の課題、など様々なリスクがあるのに、お構いなし。一体、市場はどこへ行くのでょう。青天井?

特に、色々な問題が経済、社会、政治の側面で顕著なアメリカの株式市場の上昇が目を奪います。なぜ?

財政金融政策、悪材料の折り込み、今後の回復等、色々な理由はあると思いますが、ひとつ注目すべきは「株式市場」の構成です。

アメリカの大企業を代表するSP500を構成する企業を時価総額(全体の割合)のランキングを検証すると、上位5社が全体の22.6%を示していることがわかります。(注:Alphabet=Google)

なるほど、こちらGAFAMの業績はコロナ禍の悪影響があまりなく、むしろプラスになっているかもしれませんね。

Components of the S&P 500

#            Company                          Weight

1            Apple Inc.                         6.718578

2            Microsoft Corporation       5.673433

3            Amazon.com Inc.              4.747293

4            Facebook Inc. Class A        2.252184

5            Alphabet Inc. Class A         1.632619

6            Alphabet Inc. Class C         1.593182

                       累計     22.61

上位10社には「老舗」企業もランクインしていて、全体の3割弱を示します。

7            Berkshire Hathaway Inc.   1.478605

8            Johnson & Johnson           1.398895

9            Procter & Gamble       1.205605

10          Visa Inc. Class A               1.195897

                       累計   27.88

上位20社で4割弱。

11          JPMorgan Chase & Co.      1.119067

12          UnitedHealth Group          1.093957

13          Home Depot Inc.              1.086809

14          Mastercard Incorporated   1.032596

15          NVIDIA Corporation          1.010128

16          Verizon Communications   0.868767

17          Walt Disney Company       0.848652

18          PayPal Holdings Inc          0.813299

19          Adobe Inc.                      0.776848

20          AT&T Inc.                       0.76456

                                        累計  37.22

上位30社で全体の4割強。Before GAFAMの時代を代表する大企業の名前も見えてきます。

21          Pfizer Inc.                       0.760682

22          Netflix Inc.                      0.759461

23          Merck & Co. Inc.              0.756279

24          Bank of America Corp       0.73813

25          Intel Corporation              0.73763

26          Comcast Corporation        0.709022

27          PepsiCo Inc.                    0.686711

28          Coca-Cola Company         0.670919

29          Walmart Inc.                   0.669799

30          Exxon Mobil Corporation   0.652431

                                          累計 43.6

上位40社でほぼ5割。Before GAFAMの「ハイテク」企業も色々と登場していますが、そういう意味では同じITC分野でも主役が入れ替わっているのがわかりますね。

31          Cisco Systems Inc.          0.649975

32          Abbott Laboratories         0.641579

33          salesforce.com inc.          0.630777

34          Chevron Corporation        0.601621

35          AbbVie Inc.                     0.598631

36          Thermo Fisher                 0.590296

37          McDonald’s Corporation    0.550831

38          Costco Wholesale             0.53176

39          Accenture Plc                   0.529602

40          Bristol-Myers Squibb Y      0.513366

                                           累計 49.44

そして、上位50社、全体のたった10%が時価総額ウェイトの5割強を示しています。

41          Amgen Inc.                       0.507479

42          NextEra Energy Inc.           0.499399

43          Medtronic Plc                     0.487337

44          NIKE Inc.                          0.473307

45          Broadcom Inc.                   0.472482

46          Linde plc                           0.469619

47          Danaher Corporation          0.467733

48          Union Pacific                      0.461865

49          QUALCOMM                       0.457701

50          Eli Lilly and Company         0.453345

               累計 54.193

大企業であることは間違いないですが、「へえ、GAFAMとこんなに差があるんだ」という思った会社のランキングです。IBM, GE, GM, DuPont, Dowは上位50社から外れています。

54          Oracle Corporation          0.403377

58          IBM                                  0.398271

61          3M Company                    0.342271

62          Advanced Micro Devices    0.341615

64          Wells Fargo & Company    0.334905

79          Caterpillar Inc.                 0.273147

103        Applied Materials Inc.       0.214461

108        General Electric               0.205557

142        DuPont de Nemours Inc.  0.153354

159        General Motors Company0.123717

167        Dow Inc.                        0.11757

207        Ford Motor Company       0.097924

224        Motorola Solutions Inc.   0.08923

285        Southwest Airlines Co.    0.065402

303        Delta Air Lines Inc.          0.058939

368        Hewlett Packard              0.04448

419        United Airlines                 0.032462

499        Xerox Holdings   X            0.011608

500        Gap Inc.                             0.011409

一昔のアメリカを代表していた企業の会社のプレゼンスが、SP500でこれほど下がっているのか、と改めて時代の変化を感じます。特に工業・製造業の相対的な下落は著しいですね。

これほどの「格差」が株式市場に生じているのであれば、その指数が必ずしもアメリカの経済社会の全体を反映していないことがわかりますね。

アメリカでさえ、このような経済社会の実態との株式市場の乖離が存在しているのであれば、トヨタ自動車がいずれ時価総額トップである日本の株式市場は尚更です。

長期的な積み立て投資でパッシブ運用を好む方々が少なくないですが、アメリカの株式市場は、「全体」の反映ではないかもしれませんが、新陳代謝によって時代の変化を反映していると言えるでしょう。

市場の行方が永遠に青天井になるはずないと思いますが、やはり時代の変化に適応できているアクティブ運用の方が、(過去ではなく、これからの)長期投資に期待できると思います。もちろん、その「アクティブ」の手腕にも格差がありますが。

その手腕を信じることなく投資家全員がパシッブ運用に留まるとどうなるか。時価総額が大きい会社には買いが増え、ますます時価総額が拡大し、格差もますます広まってしまう。

これが、健全な株式市場とは思えません。

最新情報をチェックしよう!