まだコモンズ投信に入社する前、初めて参加した社会起業家フォーラムは2012年の第4回。
そして、この日から人生変わってしまいました。

それまでも社会課題には少なからず関心を持っていて関連団体に寄付したり、2011年の東日本大震災を機にボランティア活動に参加したりしてました。
でもそれはあくまで「なんとなく良いことをしている」という受け身の姿勢で、寄付したりボランティア参加する団体も明確な意図を持って決めてたわけではなかったんです。

それがこの社会起業家フォーラムに登壇された社会起業家の7分スピーチを聞いて、
「この方たちのように、自分の意思で社会課題を解決するために動かなければヤバい!」
と自分の中でスイッチが入ったのがわかりました。

いちばん心に刺さったのは、テラ・ルネッサンス 鬼丸昌也氏の言葉
『我々は微力ではありますが、けっして無力ではありません。微力と無力はまるで違います。』
スイッチが入ったとしても、いきなり社会課題を解決するために自分が活動を始めるのは難しい、でも意思を持った微力になることはできる、そう考えました。
自分が生活している社会のうえに起こっている課題であるということをより強く意識して、SNSで発信したり、イベントに参加したり、寄付したり、ボランティアに参加したり。
その微力が大きく集まれば社会をより良く変える力に到達できる、と信じて毎日生活することに決めました。

その後も毎年社会起業家フォーラムに参加して社会起業家の熱い言葉・想いを浴びてきましたが、ついにはコモンズ投信に入社し、フォーラムの裏方として動くことにもなりました。
私にとっては毎年一度初心に返り、新たに前に進む力をもらえるそんな替えのきかない場になってます。

平田

最新情報をチェックしよう!

社会起業家フォーラムとわたしの最新記事8件